容器もきっちりセレクトして製品管理はバッチリ|製品づくりの助け

中年作業員

製品製造の要

男性

プラスチック容器は容器専門の企業が製造をしているので、何か製品化を考えている場合は自社で作るのではなく容器業者に依頼をするのが一般的です。製品製造ではその中身を作ることを目的に製造ラインを作っていますが、容器を作るとなるとまた容器専用の製造ラインが必要になってくるので、それを全て自社で用意するとなるととても時間と手間がかかってしまいます。少しでもコスト削減をするなら容器発注はアウトソーシングをした方が良いということになります。入れる内容物に合わせて容器は選びたいので、やはり自分たちで作った方が良いのではないか、という声もあります。しかし、容器の専門業者のホームページを見てみると、実に色んな形式の容器が用意されているということが分かります。フィンガーポンプ式であったりミニトリガー付きの霧吹きで使えそうなものであったりいろんなものがあるので、きっと内容物にピッタリな容器を見つけることができるでしょう。

酸化チタンなど金属製の物質だと入れる容器も選ぶことになります。例えばプラスチックを溶かすような内容物だとガラスや金属などの素材を選んだり、プラスチックの中でも酸に溶けにくいような素材で作られた製品を選ぶべきです。そして、製品によっては運搬の際に保冷剤が必要になるものも存在しています。食材などがそうですが、腐敗が進まないように保冷剤を入れることが多ければ、使い捨てのものではなく繰り返し使うことができるようなものを選んでいくとコストカットができるのです。こういった企業が必要としているアルミ鋳物といったものは専門で企業が製造しているので製作を依頼することになります。

安全な鋳物

2人のスタッフ

鉄や銅でできた鋳物以外にもアルミで作られたものもあります。アルミ鋳物は耐久性も高く、軽い物質でもあるため今は航空機にも使用されています。耐久性などを調べて利用しましょう。

More Detail

コストカットに役立つ

男性作業員

消耗品である保冷剤が最近では繰り返し使うことができる便利なものになってきました。そのため、企業がこの便利な製品をコストカットに便利だとして活用し始めているのです。

More Detail

Recommended Links

  • 神奈川・アートプレシジョン

    金型やプラスチックの成形を任せることが出来ます。試作品のデザインなども相談可能なので、きっと頼りになるパートナーとして最適です。

有機物を分解する性質

スタッフ

酸化チタンには白の発色を良くするという性質があります。これは金属がもつ性質が関係していますが、この性質を利用して今ガラスのコーティングにも酸化チタンが使われるようになってきました。

More Detail